上駅通り地区市街地再開発組合からのご挨拶

上駅通り地区市街地再開発組合

ご挨拶


 上駅通り地区市街地再開発組合 理事長 渡邉 忠俊  上駅通り地区市街地再開発事業は中心市街地活性化計画のメイン事業であり、今まさに花開こうとしています。これもひとえに、関係頂きました全ての方々のお陰と厚く感謝申し上げます。
 「アーケード街」と呼ばれる中央商店街は、昔から商業や文化など情報発信の中心地として賑わいのある繁華街として、まさに誇れる存在でした。
 しかしながら車社会の普及によって、中心市街地から郊外へ商業施設の移動、それに伴う商店街の顧客流出、さらに市街地人口の減少、高齢化などで「街の魅力」は半減し、もはや昔の中心性は失われてしまいました。
 そうした時代の流れの中で、私たちは大村の中心地域の顔である大村駅前通りに賑わいを復活したい、子供たちに歴史と文化のある街を残したいとの熱い思いから、この市街地再開発事業に取り組みました。街は暮らし・仕事・出会いなど情報が交流する賑わい文化そのものであります。これらの要素がコンパクトにまとまる街づくりを目指して、街の魅力を取り戻したいと想っております。
 まちづくりは息の長い事業です。今後、この再開発事業が次の地区へのステップとなりますよう期待して、熱い思いをもって取り組み、次の世代へつなげていきたいと心から願って止みません。



大村商工会議所 会頭 角谷 省一  上駅通り地区市街地再開発事業は、金融危機など近年の経済動向の影響を受け、関係者の皆様には大変なご苦労があったかと存じます。
 この様な中にあって大村市では、行政及び市民の熱意により「大村市中心市街地活性化基本計画」が内閣総理大臣の認定を受けることになりました。再開発事業はその中心的な事業であり、力強い支援になるとともに大きな責任を負うことにもなりました。
 再開発事業の実施により、低迷する中心市街地並びに地域経済の起爆剤として大きなチャンスもあり、会議所といたしましても大村市中心市街地活性化協議会とも連携を取りながらご支援したいと考えております。